オーロラの王子様

5a35a16b3887677932e0f56fb9f16f7a

Xmasソングがあちこちで聴こえてくる季節となりましたね♫

スタイル訪問看護ステーション、看護師の中村浩美です。

Xmasシーズンになると
必ず思い出す 素敵な利用者さんがいます。
うちのスタイルでは有名⁉︎な
オーロラの王子です。

彼は、40歳台。統合失調症。
薬の自己管理が難しく 調子を崩して入退院を繰り返していたので
服薬管理の依頼で訪問開始となりました。

スタイルに来て本格的に精神科の方と関わることになった私。
初めは、ただ訪問するだけ。
ただ、薬を確認するだけ。
ただ話を聞くだけ。
その中に、どこか、精神疾患という病名がついているだけで
何と無く漠然とした怖さがありながらの訪問。
アラフォーの乙女(笑)が、
精神疾患の男性。
一人暮らしのワンルーム 煙草の臭いいっぱいの部屋に二人っきりになる。
それだけで、最初は根拠なく躊躇したものの。

訪問を重ねるたびに
支離滅裂な会話を重ねる中で
時折見せてくれるクレバーな彼の会話や世界観と
お母さんに対する愛情の深さに
怖さよりも
人としての関心と
一生懸命生きる姿への
愛おしさがどんどん膨らんでいきました。

病気 を見ていた私が
一人の人に関心をもって
愛おしい気持ちで 
関わらせてもらえたことで
精神疾患への勝手な偏見を 彼が消し去ってくれたのです。

大好きなお母さん。
尊敬するお父さん。
大切な弟。
家族の話。
命を断とうとした話。
恋の話。
病気の話。
そして、世の中に役に立つために学びたい、働きたいという想い。

初めは支離滅裂な話を聞くばかりでしたが、
本人に今、出来ていること。
これまでの頑張り。
私の想い。
お互いの言葉のやりとりをしていくうちに。
会話が成立するようになり。
時折、おどけた話やジョーダンもでてくるようになり、
笑顔も笑いもたくさん増えていきました。

心を許してくれてると感じられる
言葉のキャッチボールが
どんどん出来るようになっていきました。

そのうちに、私一人の担当から、
他のスタッフも訪問できるようになり、
皆で関われるようになっていきました。
それぞれのスタッフの良さと
彼の魅力がいい感じにコラボしていくようになり、
訪問する側も楽しみながら関われるようになっていきました。

彼の遺した言葉たちです。

『洗練し合うことは大事やけど
争い会うのはあかん
全世界に発信しといてや』

『記憶の奥底にめぐりくるものとは何かな
静寂の彼方に行きたいな』

『何のために生まれて
何のために死んで行くんだろう』

『人間は一つのことを成し遂げなあかん』

『道導
みちしるべ
になるしかない』

『人は生ある限り
生きなあかん』

そして。
訪問開始時には、
ドイツ語を学ぶとか、大学を受験するとか。言うていた彼が。
自ら、まずは自立したい‼︎
お母さんと住みたいという想いから、
仕事をやりたい‼︎と考え、
自分でハローワークや、色んな所に足を運び、
清掃の仕事を見つけてきたのです♫

その矢先。
自宅で倒れてそのまま命が終わりを迎えてしまいました。
外傷もなく、自ら命を断ったのではなかったようで、
多臓器不全で死因が特定できず、解剖にまわされた最期でした。

その数ヶ月前のXmas。
少し早めの土曜日に、彼の家でXmasパーティーをしました♫
チキンにケーキ。ドーナツ♪
コーヒーは俺が用意する‼︎と二週間もまえから、
デカいインスタントコーヒー。瓶で2本も用意してくれて、
パーティー当日にはもう、一本半飲み終えていました(笑)
普段は、白米にふりかけ。
キッチンに立ったままでご飯の彼が、
コタツにちゃんと座って、
一緒にテーブルを囲む。
なんかあたたかい家族団欒(笑)の時間でした♪
その時の写真♪私のお気に入りのツーショットです♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪
照れながらも、微笑んでくれた彼は、
病気のおっちゃんではなく、
一人のあったかい私の大切な生きる仲間♫でした。

私は彼の人柄に、訪問看護の在り方を教えてもらいました。

単なる情報収集しにくる人、
単なる薬の管理にくる人にはなりたくないと思わせてくれました。
一人の人として、幸せに生きることを何かサポートしたい。
彼がそう思わせてくれたからこそ、
私の勝手な想像の中の精神科への怖さや偏見を、彼が、取り除いてくれました。
そのおかげで、人として関わる訪問看護を考える‼︎実践するきっかけを
ギフトとして与えてえてもらえました。

彼は
俺は、実は、
オリンピックの五輪の赤やねん♫
俺は、オーロラやねん♫と言うていました。

彼の世界では あらゆる壮大なものたちと一体化していました。
今となれば、なんだかほんとに、
五輪の赤の中に オーロラの映像に 彼がいるような気すらしてきます(笑)

スタイルの中では。
Xmasが近づくと。
オーロラの王子として、
恒例行事のように話題にのぼり語り継がれています♫

『道導
みちしるべ
になるしかない』

彼の想いと共に
わたしなりにできることを発信して。

『洗練し合うことは大事やけど
争い会うのはあかん
全世界に発信しといてや』

争ったり
奪い合ったりすることなく
互いの育ちあいを大切にしながら
愛と調和で共存する道を探る♫

『人は生ある限り
生きなあかん』

命あるかぎり
彼の言葉を胸に。
思いっきり喜怒哀楽を味わって
生きていきます‼︎

今日もスタイルは
オーロラのように輝きながら
ずーっと連なり繋がっていく
たくさんの思い出たちといっしょに♫
目の前の大切な人たちと
今、ある 生きる幸せ♪を味わうために
皆さんのもとに向かいます♫