あなたのは共感?それとも同情?

あなたのは共感?それとも同情?

たとえば
あなたが
困っているとき
同情 と 共感
どちらが 欲しいですか?

困った人を目の前に
あなたは
同情 と 共感
どちらを 届けていますか?

私は
『同情』と『共感』を
混同していました。

『共感』しているつもりで
『同情』していました。

辞書で調べてみると

《同情》
名](スル)他人の身の上になって、
その感情をともにすること。
特に他人の不幸や苦悩を、
自分のことのように
思いやっていたわること。
「―を寄せる」「―を引く」
「被害者に―する」
類語 あわれみ

《共感》
名](スル)他人の意見や感情などに
その通りだと感じること。
またその気持ち。
「―を覚える」「―を呼ぶ」
「彼の主張に―する」

私の考える
共感 と 同情 の違い

同情というのは

相手の気持ちを
自分と重ねる。
相手を想ってというよりも

自分のために反応している。

ネガティブに同調して
互いにネガティブを増幅するかんじ。

傷のなめあいをすることで
その場の気分は
落ち着かせることはできても
発展的な歩みは始まらない。
下手したら 歩みをひっぱりあう。

共感というのは

あなたは
そう感じているんですね。と
私の感情は分離して
相手の想いを
受けとること。
さらに
ポジティブを一緒に育むかんじ。

たとえば

つらい…という人がいるとする。

同情的な関わりだとしたら

つらいんだ…。
それは
可愛そう…。
私もわかるよ‼

といって相手を思いやっているような
ふりをしながら
実は
自分の中にもある
同じような辛さやデメリットを
正当化して
傷のなめあいをすることで
相手の未来よりも
自分の不幸な所を正当化して
できない理由を強化することに
活用しにいったりする。
相手を想うふりをして
相手が未来に向かって歩めたり
力を発揮できるようになるような
前向きな行動を導くどころか
お互いの
ネガティブの強化になる。

もしくは
自分はあなたよりも マシ。
他人の不幸で
自分を安心させる。
そんな 不健全な 上から目線で
あわれんで見ることで
相手を想うふりをして
相手を見てない。
実は自分を満たすために
同情を利用していたり。

それが
共感的な関わりだとしたら

つらいんですね…。
そう、相手の言葉を受け取りながら
では、そんな中にありながらも
今を生きてることを労い

あなたが
あなたの未来に
力を発揮できるようになるには

あなたが
そして 私があなたに対して
何ができるんだろう?

そう 相手の未来を考えて
出来そうなことを探して伝えたり
その人の中にある
可能性を信頼して気付きを待つ。

ポジティブを強化する。

そんな
希望ある未来への 未来思考の
アクションを含む。

だから
つらいだけの話しでは
終わらせない。

つらいながらも
出来ることに
そして未来のアクションに
気持ちを
共に向けていこうとする。

スタイルで共有している想い。

それは

『幸せを願って♪』

今、この瞬間の
表面上のなぐさめや
今、ここを
自分が嫌われないように
無難に
自分が波風たてないように
ただ 取り繕うだけの
表面的な関わりではない。

未来を見越した上で
今、必要だと想う

優しさをもった
共感を

私は
届けて行きます。

たとえば
あなたが
困っているとき
同情 と 共感
どちらが 欲しいですか?

困った人を目の前に
あなたは
同情 と 共感
どちらを 届けていますか?